つみたてNISAの6つのデメリットとは?長期保有でメリットも大きい!

少子高齢化や低金利の時代でつみたてNISAは「老後のお金の不安を解消する」として近年注目されています。

一方で「具体的なメリットがあるの」「損失が怖くて手を出せない」といった方もいるのでは?

投資初心者
つみたてNISAは聞いたことがあるけど、メリットやデメリットを知りたいな…

 

そこで今回はつみたてNISAのデメリットを解説し、この制度を利用して長期投資をするメリットについて取り上げます。

今回の記事でわかること
  1. つみたてNISAとはどんな制度なのか解説
  2. つみたてNISAのデメリットを6つ説明
  3. つみたてNISAのメリットを3つ解説

投資歴20年のかいまるです。NISAも活用して1500万円以上の資産を運用しています。

2018年1月にスタートしたつみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)。

最近若い人を中心に利用する人が多くなっています。

利益が出ても税金がかからないという非常にお得な制度ですが、メリットだけの制度というわけではありません。

普段利用する口座などに比べて、不便を感じる部分もありますので、始める前にきちんとデメリットは知っておいた方が良いですね。

ただ結論を言うと、つみたてNISAはデメリットもあるものの、長期投資するメリットはとても大きいです。

さっそくつみたてNISAの特徴を見ていきましょう!

つみたてNISAとは?

つみたてNISAは、より長期の投資を推奨するために2018年にできた新しいNISA制度。

一般NISAは利用者のうち新しく始める人は3割程度…。当初の想定よりも投資を始める人が増えなかったんですよね。

そこで、コツコツと積立に特化したのが、このつみたてNISAなのです。

わかりやすく一覧表の形で整理すると以下のようになります。一般NISAとも比較しています。

つみたてNISA 一般NISA
利用できるひと 20歳以上の日本国内居住者
年間投資上限額 40万円 120万円
購入方法 積立のみ 積立または通常購入
対象商品 長期投資に適した投信・ETF 株、投信、ETF、REITなど
投資可能期間 2037年まで 2023年まで
非課税期間 20年間 5年間(最長10年)
ロールオーバー なし あり
運用管理 本人
金融機関の変更 できる

5年(最長10年)の非課税期間で中期的な投資を目的とした一般NISAに対して、20年間もの長期にわたって投資を推奨するのがつみたてNISAということ。

老後の資金は公的年金だけに頼らず自分で準備すべきということ。

最長で20年間にわたって投資で得られた利益に税金がかからないこともあり、初めて投資をする人や初心者の方にも人気が高まっているんですね。

つみたてNISAを利用することによって、

  • 投資対象をグローバルに分散することで、世界経済の成長の果実を享受できる
  • 投資時期を分散(積立)することで、高値掴み等のリスクを軽減できる
  • 長期で保有することにより、投資リターンの安定化できる

    ので長期的に資産形成ができるということです。

    つみたてNISAの6つのデメリットとは?

    節税メリットが大きいつみたてNISAですが、やはりデメリットもあります。まとめると

    デメリット
    1. 元本割れの可能性がある
    2. つみたてNISAは積立一択
    3. ロールオーバーできない
    4. 投資できる商品が少ない
    5. 非課税枠の再利用ができない
    6. 他の口座との損益通算ができない

      ということ。クイックに見ていきます。

      デメリット①:元本割れの可能性がある

      つみたてNISAは日本や海外の株式などに投資する投資信託で運用することになるので、値下がりして損をすることがあります。

      投資信託やETFは、株価や債券の価格の値動きにあわせて元本が変動する商品なんですよね。

      元本が変動するということは、運用中に値下がりで元本割れする可能性があるということ。

      金融庁の厳しい要件をクリアした投資信託でも”元本保証”されている訳ではないということです。

      ただ、長期にわたってコツコツと積み立てることによって元本割れの可能性を低くすることができます。

      デメリット②:つみたてNISAは積立一択

      つみたてNISAは積立しか選べないので「100万円を投資して一気に勝負をしかける」というような買い方はできないです。

      ただ、そもそも積立投資をしたいのでつみたてNISAを利用する方が大半だと思うので、いったん積立を設定したら、あとはほったらかしにしておけば良いのだと思います。

      デメリット③:ロールオーバーできない

      つみたてNISAはロールオーバーはありませんので、20年経過後はつみたてNISA口座の資産を売却するか特定口座又は一般口座に移管することになります。

      一般NISAの場合は、非課税投資期間5年ですが、ロールオーバーすれば最大10年まで延長することが可能。

      一般NISA口座の資産について6年目に新しい一般NISA口座に資産移管することで、非課税メリットをさらに5年延長できるんです。

      もっとも非課税期間が20年という長期で運用できるのでロールオーバーは必要ないかもですが…。

      デメリット④:投資できる商品が少ない

      つみたてNISAで購入できるのは、金融庁の厳しい要件をクリアした投資信託とETFのみ。対象商品は160本程度ありますが、個別株式やREIT(不動産投資信託)を購入することはできないんですね。

      TOPIXや米国の株価指数に連動する株式のインデックスファンドや株・債券・金などの複数の資産に投資するバランス型ファンドが中心。

      対象が少ないこともあり、例えば値動きの小さい(=リスクが小さい)債券100%の投資信託はつみたてNISAの対象商品に含まれていないです。

      もっとも、つみたてNISAの対象商品はいずれも手数料が安く、難しい手法を使わないものになっているので、初心者でも安心して投資できると思います。

      デメリット⑤:非課税枠の再利用ができない

      つみたてNISAの非課税わくは年間40万円。

      この枠は一度使うと再利用することができないので、その年に購入した投資信託を年内に売却し、空いた枠をまた利用する事はできません。

      長期保有前提で売却しないのであれば問題にならないですが、一応知っておいた方が良いですね。

      あと、年間の非課税枠の未使用分は、翌年以降に繰り越せないので注意が必要です。

      デメリット⑥:他の口座との損益通算ができない

      NISA口座で発生した利益や損失を、他の口座で得た損益と通算することはできません。さらに損失の繰越控除もできないので、注意が必要です。

      損益通算とは、一定期間内の利益と損失を相殺すること。

      例えばNISA以外の口座の場合、株式投資を行って利益(譲渡益や配当など)が出た場合は税金がかかりますが、一方で損失が出た場合には利益から差し引いて、その分だけ税金を減らすことができるんですね。

      それでもマイナスになった場合、確定申告を行うことで最長3年間損失を繰り越して控除することも可能。

      NISA口座での利益や損失はこれらの制度の対象外になるということ。

      ここはNISA制度の融通の聞かない部分とも言えるので注意が必要です。

      つみたてNISAで投資するメリットとは?

      つみたてNISAで長期投資するメリットをまとめると

      メリット
      1. 長期投資で元本割れ確率を低くできる
      2. 長期投資前提ということ
      3. 年間の非課税枠は少額でも20年間利用可能

        ということ。詳細に見ていきます。

        メリット①:長期投資で元本割れ確率を低くできる

        過去の投資データから、投資期間が長期になれば収益がプラスに収束していくことが分かっています。

        この図は、1900年~2000年までの米国の株式市場を保有期間(1年~25年)ごとに、株式・債券・キャッシュの収益ものです。

        出典:「敗者のゲーム」チャールズ・エリス著

        この図を見ると、株式は長期で保有すればするほどプラスのリターンに収束していますよね。

        一方、短期保有は収益率のばらつきが大きくなると言えます

        例えば、保有期間1年では、株式の収益が過去の100年間で最悪:-37.4%、最高:+53.4%(年率)となっています。

        大きく収益を伸ばせる可能性はあるけど、大きく損失を被るリスクも高いということ。

        保有期間を長くして20年経過すると最悪の場合でもプラスになっており、損失が発生していません。

        なので、過去のデータから運用期間を長くすればするほど、短期的なリターンのブレをなくし、株が本来持つ収益率に収束していくのです。

        メリット②:長期投資が前提である

        つみたてNISAは、非課税期間は20年間となっているので長期保有前提の制度となっています。

        20年という長期間保有をすれば高い確率で資産を増やすことができますので、この非課税期間をフルに利用することが大事ということです。

        投資の鉄則は株式や債券などの金融資産を長期間保有すること。

        短期投資だとコロナショックやリーマンショックのようなことがあると一時的に損失が出る可能性が高いです。

        メリット③:年間の非課税枠は少額でも20年間利用可能

        つみたてNISAの年間可能投資額は40万円となっているので、中には少ないと思う方もいるかもです。

        ただ20年間の長期で考えると総額で800万円まで投資可能。夫婦で利用すれば1600万円投資可能で、そこに運用益がプラスされます。

        リタイア後の資金という観点で見ると十分な額をためることができるといえます。

        初心者はつみたてNISAが良い理由とは?

        非課税枠や非課税期間、投資商品などに違いがありますが、投資初心者にはやはりつみたてNISAはおすすめできると思います。

        その理由は、つみたてNISAで投資できる投信は以下のように金融庁の厳しい要件をクリアしたものだけ。

        株式タイプの投資信託の要件
        • 販売手数料はゼロ(ノーロード)
        • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)
        • 分配頻度が毎月でないこと
        • 顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
        • デリバティブ取引のようなリスクの高い運用を行っていないこと

        つみたてNISAで投資できる商品は、基本的に長期で積立投資を行うのに適した投資信託だけとも言えるわけで、初心者でも安心して投資ができるということです。

        ちなみに「つみたて」と言っても、20年間、積み立てた資産を途中で売ってはいけないなどという制限はないんですよね。

        開始してから1年後に手持ちの資産が大幅に値上がりしていれば、そこで全部売却して利益を確定することもできます。

        なので自由に投資信託を売買することが可能で、その利益は非課税なのです。

        「つみたてNISAのデメリットとメリット」まとめ

        今回はつみたてNISAのデメリットとメリットということで、特徴と初心者はつみたてNISAがおすすめな理由などについて取り上げました。

        結論をいうと、デメリットはいくつかあるものの、長期で資産形成するという観点からつみたてNISAを活用すべきということ。

        これから投資を始める初心者の方でも、金融庁の厳しい要件をクリアした商品しか購入できないので、安心して投資することができます。

        つみたてNISAは非課税で運用できるという投資家にとって利用しなければ損とも言える制度。資産運用を考えている方は、確実に利用した方が良いですね。

        それでは。

        おすすめの記事